クラブ概要

「ノーマークFC(ノーマークエフシー)」(英語表記「NO-MARK F.C.」)は、兵庫県加古川市を拠点とするアマチュア社会人サッカーチームである。

歴史

初期メンバードイツワールドカップが開催された2006年7月、、神戸製鋼加古川製鉄所内に勤務する2人の社会人ナベさんとトシちゃんが発起人となり5人で初練習を神鋼グラウンドにて行ったところからスタート。

サッカー協会への登録はせずにエンジョイチームとして、練習試合などを行いながら約2年活動後、メンバーの結婚や転勤などにより徐々にサッカーチームとしては休止状態となる。
(フットサルの大会へは不定期で参加していたので完全休眠だった訳ではない)

再始動

グループLINEなどで「ボール蹴ろうぜ」という話題は何回か出ていたものの、実行はされないまま2019年6月、グループLINEにて「メンバーを増やして公式リーグ戦に参戦しよう」と代表が呼びかけ本格的に再始動。

公式WEBサイトの他にSNSやLaBOLA、ジモティーといったインターネットサービスを使ってアマチュア選手を募集し、2020年よりプロのJ1リーグから順番に数えるとディビジョン11相当の「東播リーグ3部」に所属。

スケジュールはこちら

写真ギャラリーはこちら

試合の記録はこちら

名称

ノーマークFC

所属リーグ
ディビジョン

3部

ホームタウン

加古川市

創設

2006年7月1日

練習
  • 毎月第2土曜 19~21時
  • 不定期で他チームの練習に参加
代表者

大岩 智将

電話番号

050-6874-2939

会費
  • 公式戦登録メンバーは15,000円/年
  • 登録外メンバー(準メンバー)は無し
ユニフォーム

ユニフォームカラー

パートナー

パートナー・スポンサー募集中
プランを見てみる

エンブレムについて

  • 3本のラインは加古川市章を意味する。

  • 5つの星はノーマーク最初の参加人数を意味する。

  • 星2つの位置をずらしてるのは、ナベさんとトシちゃん2人の発起人を意味する。

  • サッカーボールは地球にも見立てていて、インターネットを表すマークは地球のマークであり、ネットを通じてたくさんメンバーが集まってくれてるということも含めた意味である。


ノーマークFCエンブレム